白芋村
 趙は老人を連れてその足で白苧村にある母親の墓へ往った。墓場には愛卿の手で植えた小松が美くしい緑葉を見せていた。
「これは若奥様のお植えになったものでございます」
 老人はまた墓の盛り土へ指をさした。
「これも若奥様が御自身でお造りになりました」
 趙は老人と家へ帰って、家の背後の圃中(はたなか)に立った銀杏の下へ往った。趙は愛卿の死骸を見たかった。
 墓が発(あば)かれて、綉褥(しとね)に包まれた愛卿の死骸が露われた。趙は我を忘れてそれを開けてみた。
 ただちょっと睡っているようにしか見えない生々(なまなま)した死骸であった。趙はその死骸へ手をやって泣いたがそのまま気が遠くなってしまった。
 趙は老人の介抱によってやっと我に還った。彼はそこで愛卿の死骸を家の中へ運んで、香湯(こうゆ)で洗い、その姿にふさわしい華美な服を被(き)せて、棺に納め、それを母親の墓側へ持って往って葬った。
[PR]
by yuugaavvv | 2006-02-18 16:11