世界の詩 28 大手拓次詩集
  薔薇の散策

     1

地上のかげをふかめて、昏昏とねむる薔薇の唇。

     2

白熱の俎上にをどる薔薇、薔薇、薔薇。

     3

しろくなよなよとひらく、あけがた色の勤行(ごんぎやう)の薔薇の花。

     4

刺(とげ)をかさね、刺(とげ)をかさね、いよいよに にほひをそだてる薔薇の花。

     5
翅(つばさ)のおとを聴かんとして 水鏡(みづかがみ)する 喪心(さうしん)の あゆみゆく薔薇

     6

ひひらぎの葉(は)のねむるやうに ゆめをおひかける 霧色(きりいろ)の薔薇の花。

     7

いらくさの影(かげ)にかこまれ 茫茫とした色をぬけでる 真珠色の薔薇の花。

     8

黙祷の禁忌のなかにさきいでる 形(かたち)なき蒼白の 法体(ほつたい)の薔薇の花。

     9

欝金色の月に釣られる 盲目の ただよへる薔薇。

     10

ひそまりしづむ木立(こだち)に 鐘をこもらせるうすゆきいろの薔薇の花。

     11

すぎさりし月光にみなぎる 雨の薔薇の花。

     12

吐息をひらかせる ゆふぐれの 喘(あへ)ぎの薔薇の花。

     13

ひねもすを嗟嘆する 南の色の薔薇の花。

     14

火のなかにたはむれる 真昼の靴をはいた黒耀石の薔薇の花。

     15

くもり日(び)の顔に映る 大空の窗(まど)の薔薇の花。

     16

掌(て)はみづにかくれ 微風(そよかぜ)の夢をゆめみる 未生(みしやう)の薔薇の花。

     17

鵞毛(がもう)のやうにゆききする 風にさそはれて朝化粧(あさげしやう)する薔薇の花。

     18

みどりのなかに 生(お)ひいでた 手も足も風にあふれる薔薇の花。

     19

眼にみえぬ ゆふぐれのなみだをためて ひとつひとつにつづりあはせた 紅玉色(こうぎよくいろ)の薔薇の花。

     20

現(うつつ)なるにほひのなかに 現(うつつ)ならぬ思ひをやどす 一輪のしづまりかへる薔薇の花。

     21

眼と眼のなかに 空色の時をはこぶ ゆれてゐる 紅(あか)と黄金(こがね)の薔薇の花。

     22

朝な朝な ふしぎなねむりをつくる わすられた耳朶色(みみたぶいろ)のばらのはな。

     23

かなしみをつみかさねて みうごきもできない 影と影とのむらがる 瞳色(ひとみいろ)のばらのはな。

     24

ゆたゆたに にほひをたたへ 青春を羽ばたく 風のうへのばらのはな。

     25

陽(ひ)の色のふかまるなかに 突風のもえたつなかに なほあはあはと手をひらく薄月色(うすづきいろ)の薔薇の花。

     26

またたきのうちに 香(か)をこめて みちにちらばふ むなしい大輪のばらのはな。

     27

はだらの雪のやうに 傷心の夢に刻(きざ)まれた 類のない美貌のばらのはな。

     28

悔恨の虹におびえて ゆふべの星をのがれようとする 時をわすれた 内気な 内気なばらのはな。

     29

魚(うを)のやうにねむりつづける 瀲(れんえん)としたみづのなかの かげろふ色のばらの花。

     30

白鳥(はくてう)をよんでたはむれ 夜の霧にながされる 盲目(めしひ)のばらのはな。

     31

あをうみの 底にひそめる薔薇(ばら)の花、とげとげとしてやはらかく 香気(にほひ)の鐘(かね)をうちならす薔薇の花。

     32

けはひにさへも 心ときめき しぐれする ゆふぐれの 風にもまれるばらのはな。

     33

あをぞらのなかに 黄金色(こがねいろ)の布(ぬの)もてめかくしをされた薔薇の花。

     34

微笑の砦(とりで)もて 心を奥へ奥へと包んだ 薄倖のばらのはな。

     35

欝積する笛のねに 去(さ)りがての思慕をつのらせる 青磁色のばらのはな。

     36

さかしらに みづからをほこりしはかなさに くづほれ 無明の涙に さめざめとよみがへる薔薇の花。
[PR]
by yuugaavvv | 2006-02-18 15:59